携帯からアクセス

サラリーマン・インターフェイス

施設予約システムについては、施設の空き状況や予約の状況をリアルタイムに反映する必要があります。また予約のシステムにアクセスできる人の権限管理やアクセス管理についても、厳重に行う必要があります。 最近では、スマートフォンの普及が進んでおり、施設予約システムに対してスマートフォンからいつでもどこからでもアクセスできるような仕組みが整えられていくと考えられています。 そのような仕組みの構築にあたっては、よりリアルタイム性と権限管理やアクセス管理等のセキュリティへの対応対応が必要となってきます。スマートフォンからアクセスさせる場合には、セキュリティー事故を防ぐため、利用者に対してパスワードを必ず設定させるなどの運用が必要です。

施設予約システムに対して、スマートフォンなどのモバイル端末からのアクセスを可能とし利便性を向上させるために気をつけるべきことをお伝えします。まず、スマートフォンなどのモバイル端末からのアクセスということで、セキュリティーを重視しすぎるあまり、利用者の利便性が逆に損なわれてしまうということがあります。利便性とセキュリティー対策のバランスはうまくとって、利便性を損なわないように運用していく必要があります。 また、施設の予約については、リアルタイムに施設の予約状況との連携が必要となっています。施設が予約された段階ですぐに施設予約システムを更新でき、リアルタイムに反映されるような仕組みの構築が必要です。